Educational Medical

近年注目されている職業|視能訓練士に必要な知識を知っておこう

専門的な知識が必要

人間性も求められる

男性

視能訓練士になるためには、目に関する専門的な知識が必要です。
国家試験に合格しないと、視能訓練士の仕事をすることはできません。
試験に合格するためには、この仕事で必要になる眼科の領域の知識をしっかりと身に付けておく必要があります。
特に視力の低下の原因や、視力を回復させる方法などは大切な知識です。
視力が落ちてしまった方が、不自由なく暮らせるようにサポートできる能力を持てるようにしなければなりません。
視能訓練士になったら、主に眼科で働くことになります。
視能訓練士が眼科で一番多く担当する仕事は、視力の測定です。
測定の仕方を学んでおく必要がありますが、それが以外には、測定を迅速に行う手際なども身に付けておく必要があります。
これらのことは、学校の実習の時に学べます。
視能訓練士になるためには、専門の学校に通わなければなりません。
その学校で国家試験を受講するための資格を取得します。
決められた学科の勉強を終わらせて、単位を取ることができたら、国家試験の受験取得は与えられます。
学校に行く期間は高卒の方が3年間で、大卒や短大卒の方は1年間です。
視能訓練士は多くの患者さんに接する仕事です。
目が悪くなって、精神的に不安定になっている方もいます。
そんな人たちの心を支えるスキルも必要になります。
それから視力を回復させるためにリハビリが行われることがあります。
それを行うためには、目のリハビリと適切な機器を選ぶ知識が求められます。

多くの人に求められる職業

白衣の人

人は、情報を取得する時、殆どが目からの情報だと言われています。
このように目の能力は、生きる上で非常に大切なものです。
視能訓練士とは、そんな目の健康を守る医療専門職です。
主な仕事は、近視や乱視などの視力検査や、白内障や緑内障などの目の病気の検査を行うことです。
斜視や弱視、病気で視力が落ちてしまった場合のリハビリサポートも行います。
その他にも、学校や会社や地域の眼科検診を行うこともあります。
視能訓練士になるには、決められた年数を養成施設で学び、国家資格を取得しなければなりません。
現在、視能訓練士の有資格者は全国で約13,000人程度と言われています。
視能訓練士法が制定されたのは、1971年ですが、制定された当初は女性に限られた資格でした。
現在は視能訓練士を養成する学校でも、男女共学が殆どなので、男性の視能訓練士も活躍の場が広がってきています。
しかしまだまだ女性が多いのが現状で、男女比でみると、男性が2割、女性が8割程度となっています。
現代社会では、コンピュータやテレビ、スマートフォンなど、目を酷使する状況が日常化しています。
視力が良くない人も多く、高齢化社会ゆえに、目の疾患を抱えている人もたくさんいます。
目の健康のためには、視能訓練士が行う丁寧な検診と検査、リハビリサポートが欠かせません。
視能訓練士は就職率も良く、多くの人に求められている職業です。
これからも需要はどんどん高まっていくでしょう。

いろいろな場所で行う

勉学

視能訓練士は、普通の人達の目の健康を守る仕事で、視力に関係する業務がいくつかあります。
集団検診視機能スクリーニングは、いろいろな場所で視能訓練士が行う視力検査のことです。
一番分かりやすい例は、小学校や中学校などで行われる視力の検査で、それによって生徒の視力が落ちていないか調べます。
この検査は、病院でも行われています。
視能訓練士の働く職場は、病院のことが多く、病院では日常的に集団検診視機能スクリーニングをすることになります。
集団検診視機能スクリーニングは、目の病気を予防する意味もあります。
視力の低下に気が付かないで、この検査を受けて、自分の目が悪くなっていることを知るようになる人もいます。
目の病気の中には、ひどくなると視力を失うものがあるので、この検査に大きな意味があります。
同時にこの検査は目の病気の人が、視力が落ちていないか調べる時にも役立ちます。
視能訓練士の仕事は、上記の書いたように重要なのですが、この資格を持っている人はまだ少ないと言う現実があります。
そのために日本各地で需要が高く、資格を取ることができたら、就職できる可能性が高まります。
視能訓練士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。
国家試験を受ける資格は専門の学校に行って、所定の単位を取ることで与えられます。
集団検診視機能スクリーニングのような目の検査をするためには、目についての専門的な知識を、学校で十分に身に付ける必要があります。

目の健康を守る仕事

眼

視能訓練士(ORT)とは、医師の指示の下眼科検査を行い、医師にデーターを提供する重要なサポート業務を担っています。受験資格を得て、国家試験に合格すると視能訓練士として働けます。かかる学費は養成校によって違いはありますが、年間に100万円くらいが目安です。合格率が高く、安定した職業といえます。

もっと読む

目の健康を維持する専門家

白衣の人

視能訓練士は国家資格の1つであり、その資格を取得しようとする人が年々増加しています。就職率が高いことで勉強する人が多くいるのですが、他者の目を扱う職業は資格を取ることができるようになるまでに数々の勉強が必要となります。

もっと読む

眼科領域の診療事情

目元

診療を担当する眼科医と視能訓練士は、お互いに協力しあいながら眼科診療を行います。視能訓練士が検査やリハビリを担うのに対し、眼科医は病気の診断や治療、矯正器具の処方などを行います。手術を担当するケースも多く、年収が高くなる傾向があります。

もっと読む