Educational Medical

近年注目されている職業|視能訓練士に必要な知識を知っておこう

眼科領域の診療事情

専門職が活躍する診療科

目元

眼科では、診察を担当する眼科医と検査やリハビリをサポートする視能訓練士がタイアップしながら、診療が行われていきます。
眼科医は、いわば眼の治療のスペシャリストです。
従って専門性が高く、眼というパーツに特化して診察や治療を行うのが特徴です。
目の病気は子どもから大人まで発症しますので、対応する患者の年齢にも幅が見られます。
眼科医が扱うのが、近視や乱視、老眼といった視力の異常です。
このような病気は、最初に検査を行って視力の状態をチェックする必要があります。
検査を担当するのは、主に所定のトレーニングを終えた視能訓練士です。
視能訓練士によって提供された視力のデータを見ながら、眼科医は視力矯正のための方法を提案します。
眼鏡やコンタクトレンズの処方は、眼科医が手掛ける大きな業務の1つです。
高齢者の診療では、白内障の手術なども行われます。
最近では、視力を回復させるレーザー治療などが普及しており、眼科医の仕事内容は増えています。
こういった診療でも、治療のベースになるのは視能訓練士のサポートによって行われる様々な検査です。
他の診療科のドクターに比べて、眼科医は時間の融通が利きやすいという専門医です。
夜間の呼び出しなども少なく、規則的な診療が出来る診療科と言えます。
年収は他の診療科の医師と余り変わりませんが、特殊な手術を担当する眼科医に限っては、報酬が上がる可能性が高くなるでしょう。
その専門性の高さから、好待遇を求める医師も存在するのが近年の傾向です。

仕事内容となるための方法

男女

視能訓練士とは、眼科医の指導のもと、視力を測る為の様々な検査や視力回復のための機器の操作などを行う資格職のことです。
眼科領域の専門家です。
視能訓練士が行う検査や治療は非常に多岐に渡ります。
視力検査はもちろんのこと、眼圧、視野、色覚、光覚などの検査を行います。
視機能の回復に向けては、斜視、弱視などの回復可能な視機能を回復させるために眼科医と相談してプログラムをくみます。
また、高齢者のリハビリテーションを請け負うこともあります。
集団検診のサポートを行うこともあります。
視能訓練士は視機能の検査が主な仕事で、回復業務やリハビリテーションはやっていないことも多いです。
視能訓練士になるには、専門の養成学校に通う必要があります。
高校卒業後専門の養成学校に三年以上通うか、大学、短大、医療系の専門学校卒業後一年間養成学校に通うこと、もしくは海外の養成学校に通うことがなるための条件となっています。
高校の段階でなろうと思うのならば、養成学校を探すのが一般的なルートといえます。
高齢社会の到来により、医療分野の資格はあらゆるものが高いニーズを持つようになりました。
視能訓練士もそのうちの一つで、加齢とともに衰える視力を保ったり回復させたりする仕事は高いニーズがあります。
まだ数は少なく、需要も高いです。
学校によっては卒業後の進路について力を入れているところもあるので、就職に不安を感じている方はこのような学校を探してみるといいでしょう。

医療系の仕事を目指す

勉強

インターネットが普及した現在、スマホやパソコンの画面を見つめる時間が多くなり、視力低下を感じている人が多くいます。
また、高齢化社会によって視覚能力の衰えを実感している人も増加しています。
それによって、注目を集めている職業があります。
それが、視能訓練士です。
この視能訓練士とは、視覚に関する障害を患っている人に対して、視力検査を行なったり、矯正訓練を行ないます。
検査によって、患者自身が感じていなかった視力異常を早期に発見する事ができ、矯正訓練によって視力回復を目指すことが出来るので、やりがいを感じる職業となっています。
この視能訓練士になるためには、専門学校や大学に通って国家資格を取得する必要があります。
視能訓練士の資格を目指すことが出来る専門学校では、提携している短大の卒業課程を取得することが可能となっています。
大学を選択するか、専門学校を選択するかは、人によって異なるので、学費や立地、卒業生の実績などを確認して選択しましょう。
最近では、視能訓練士の国家試験対策だけでなく、電子カルテなどの取り扱いについて学ぶことが出来る学校も増えています。
医療に関する資格をいくつか取得しておけば、就職活動を始める際に有利となります。
各大学や専門学校の情報はインターネットでも調べる事ができるので、様々な面から比較をして選択するとよいでしょう。
また、オープンキャンパスも実際の雰囲気を把握することが出来るのでおすすめです。