Educational Medical

近年注目されている職業|視能訓練士に必要な知識を知っておこう

目の健康を守る仕事

受験資格と費用

眼

最近、注目されている資格に視能訓練士(ORT)があります。
視能訓練士の主な業務は、様々な眼科検査を行い、検査結果を眼科医に提供します。
眼科医はその検査結果を基にして診断・治療を行うので、視能訓練士は眼科医療における重要な専門職です。
子供から高齢者まで、目の健康を守るサポートをします。
 眼科医1人に対して視能訓練士は、2人〜3人ほど必要とされているので、近年、有資格者が増加傾向といってもまだ十分に足りているとはいえません。
クリニックによっては、眼科医が検査も1人で行うところもあります。
視能訓練士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。
受験資格を得るには、高校卒業後に指定の養成施設で3年間以上学ぶか、大学・短大、医療系保育系の専門学校を卒業してから指定された養成施設で1年間以上学ぶ必要があります。
また、外国で視能訓練士養成学校を卒業するという方法もあります。
視能訓練士の資格取得する場合にかかる費用はその養成校によって異なりますが、専門学校では年間にかかる学費はだいたい100万円程度となり、3〜4年生を通してかかる費用は400〜500万円となってきます。
 医療系の資格の中でも合格率の高い資格となっています。
就職先も病院やクリニックをはじめ、リハビリテーションセンター、医療機器関連企業、医薬業関連企業、教育、研究機関、保健所といった医療行政機関など多数あります。
医療での専門職なので、社会的な面や収入での面でも安定性があります。
また、視能訓練士は結婚や出産をしても、復帰しやすいので女性が働きやすいため多く活躍しています。

資格としても人気が高い

視力検査

仕事やプライベートでパソコンやスマートフォンを使う機会が多い中、目の健康を維持するためにも眼科は重要な存在です。
定期検査や目の異常を治療するだけでなく、コンタクトレンズの購入やメガネの度の新調を行う際も眼科医の指導が不可欠です。
眼科医療は現代社会において重要な役割を担っていますが、現代人の目の健康を守っているのは眼科医だけではありません。
眼科クリニックには必ず視能訓練士が存在します。
視能訓練士は法律によって基づいた国家資格を持つ医療に精通する技術者のことであり、眼科クリニックで視能検査を行うのは眼科医ではなく視能訓練士です。
眼球の運動や眼圧、撮影検査などを視能訓練士が行い、眼科医はその結果を見ながら患者の診断を行うのです。
眼科医よりも先に患者の目の状態を診るため、そうした意味で視能訓練士は患者との距離が近く、重要性が高い職業と言えます。
視能訓練士になるためには国家資格が必要ですが、最近では視能訓練士の資格がより注目されるようになりました。
現代人は目を使う機会が非常に多く、社会人が資格を取得し転職活動を行うことも盛んになりました。
社会への貢献度や重要性が高く、職としても安定していることから視能訓練士が注目されるようになったのです。
資格としての人気が高まったことから、医療系の大学でも視能訓練士になるための専門のコースが設立されるようになり、視覚の専門学校でも視能訓練士を目指す人たちを受け入れる体制が整えられています。

眼科検査に必要な存在

相談

視能訓練士は医療関連の資格になりますが、主な業務は眼科に関する検査や目の手術後などに行う目の機能を回復するためのリハビリ的な事も行う仕事になっています。
一般的には、眼科のある病院での仕事が主になりますが、視能訓練士が検査をしてから、その結果内容で眼科の医師が治療などを行うので、眼科検査においてなくてはならない存在といえます。
基本的には、眼科全般で行われる検査に関わる仕事が多いです。
近年では、レーシック手術なども多くなってきた事もあり、リハビリという意味での視能訓練士のニーズは高くなっていると考えられます。
視能訓練士は国家資格になっていて、合格率は約80%と高い数字になっています。
簡単そうに思われますが、あくまでもこの資格は、定められた教養課程を大学や専門学校などの指定の教育機関で学ぶ事で受験資格を得られるのです。
そのため、決して試験として簡単な試験という訳ではありません。
また、試験が年に1回ですし、より専門的な教育を受ける事が受験資格にもなっているので、全体的な需要は多いというのが実際の状況になっています。
男女比は男性が不向きという訳ではないものの女性が圧倒的に多くなっています。
一般的な職種と違い、医療系の専門的な業務ということからも、収入的には良い分類になると言われているので、希望者が多くなっている傾向があります。
視能訓練士の教育機関では、入学初年度から学内での臨床実習を行い実技を磨くことを主軸に教育していきます。
最終学年時には、校外に出て実際の患者との触れ合いを経験しながら技術を学ぶ事になります。